Battle Switch

Battle Switch

POTATO's Pokemon Diary

【S12 最終314位 レート2011】サンダーギャラバンギサイクル

f:id:POTATO0000:20201201195836p:plain

 

f:id:POTATO0000:20201201195537j:plain

はじめまして、POTATOと申します。

 

目標であったレート2000を達成することができたので、構築記事を書いてみようと思います。

 

初めてで雑な部分もあると思いますが、最後まで見ていただけると、嬉しいです。

 

【最終結果】

TN POTATO 最終314位 レート2011

 

【構築経緯】

サンダー+エースバーンの並びは選出画面での圧力があったので、この2体を軸に構築を組み始めました。

初めはサンダーを珠アタッカーで使っていましたが、HBアッキでかいでんぱを採用することで両受けできるので、この型のほうが詰ませ性能が高く強いと思い採用しました。

そこでサンダーがウツロイドとの対面をつくってしまうと、後出しが効かないと感じたので、多くの特殊ポケモンを受けれるHDバンギラスを入れました。

この3体だと水技の一貫ができるので、HBギャラドス、スカーフウオノラゴンに選出画面で圧をかけるドラパルト、初手ダイマ+数値受けや受けループを崩すためのブリザポスを入れ、パーティーが完成しました。

 

【コンセプト】

・物理受け+特殊受けでサイクルして相手のダイマをからす

・極力、後からダイマを切る

TODに持ち込めるよう数的不利を取らない

・自分のやりたいことを相手に押し付ける。

【個体紹介】

f:id:POTATO0000:20201201091019p:plain

エースバーン@突撃チョッキ         

特性:リベロ

性格:意地っ張り

155-184(252)-95-×-96(4)-171(252)

火炎ボール/飛び膝蹴り/飛び跳ねる/思念の頭突き

 

構築の軸その1。

始めは珠で使っていたが、バンギの砂や珠ダメでHPが簡単に削れてしまうのでチョッキに変更した。

チョッキにすることで、サンダーの怪電波から強引に後出しして有利対面を作ったり、C特化珠サンダーのダイジェットを乱数78.6%で耐え、返しのキョダイカキュウで落とせるようになった。

思念の頭突きはウツロイドアーゴヨンドヒドイデ対策で採用した。怯みも狙える。

ドヒドイデだけでエースバーンを見ている受け回しは簡単に崩せた。

ただ、ランドロスカバルドンを見ると選出しづらいと感じた。

 

Shiny Sprite

サンダー@アッキのみ

特性:プレッシャー

性格:図太い

191(204)-×-149(244)-145-110-128(60)

放電/暴風/怪電波/羽休め

 

H:16n-1

B:余り

S:準速ウオノラゴン抜き +1で最速アーゴヨン+2

 

構築の軸その2。

構築のMVP。体感9割近く選出していると思う。

終盤とてもメタられているとは感じたが、それでもほとんど活躍していたと思う。

技は麻痺バグを狙える放電、唯一の特殊飛行技暴風、相手を詰ませる怪電波、羽休めで完結。

受け攻め両方でき、受けに来たポケモンをアッキ+怪電波で詰ませることができる。

対面からなら珠エースバーンのダイマダイマ無しで耐えることができ、ポリゴン2やジバコイルヒードランなどの特殊ポケモンも基本的に負けない。

瞑想+アシストパワーのラティアスクレセリアランクルスにも怪電波で勝つことができる。

特性をプレッシャーにすることで、相手のPPを枯らして突破できなくしたり、氷などの追加効果被弾も抑えることができる。

コンセプトにもあるように数的有利を取れれば、サンダーで詰ませTODに持ち込むことができる。

Sは当初S+1でエースバーンで抜きにしていたが、一度準速ウオノラゴンの同速対決に負けたので、Sのラインを1上げた。

一度、1対3からミミッキュラプラスフェローチェを突破したときは、強すぎて椅子から転げ落ちた。

 

 Shiny Sprite

バンギラス@食べ残し

特性:砂起こし

性格:慎重

207(252)-154-131(4)-×-167(252)-81

ロックブラスト/地震/守る/ステルスロック

 

最強の特殊受け。サンダー、ウツロイドアーゴヨンなどの受けづらい特殊を受けることができる。

ステルスロックがとてもえらく、相手の特殊アタッカーと対面した時に安定択として撒くことができる。

ただ、不意の格闘技で落ちたり、ウーラオスに見せる隙が大きいので、扱いが難しいポケモンだと思う。

最終日霊獣ボルトロスに意気揚々とあと投げしたら、馬鹿力で吹き飛びました。

 

 Shiny Sprite

ギャラドス@カゴのみ

特性:威嚇

性格:腕白

191(164)-145-143(244)-×-120-114(100)

滝登り/飛び跳ねる/眠る/竜の舞

 

 S8のくろこさんのギャラドスをパクった。

構築に入れたことでウオノラゴンだけでなく、エースバーンにも強くなれた。

サンダーで起点を作り、竜舞の起点にするルートがとても強かった。

 

Shiny Sprite

ドラパルト@命の珠

特性:すり抜け

性格:臆病

163-×-95-152(252)-96(4)-213(252)

流星群/シャドーボール/大文字/ハイドロポンプ

 

 ウオノラゴンを上から倒すため投入。

特殊にした理由は、特殊がサンダーしかいないこと、カバルドン入りに勝率が悪かったため。

技構成はタイプ一致の流星群とシャドーボールテッカグヤナットレイ意識の大文字、カバルドンランドロスに打つハイドロポンプにした。

使ってみてやはり、型の読めなさが最大の強みであると感じた。

 

Normal Sprite

ブリザポス@ラムのみ

特性:白のいななき

性格:意地っ張り

187(92)-216(252)-150-×-130-71(164)

氷柱落とし/10万馬力/ヘビーボンバー/剣の舞

 

H:余り 

A:特化

S:無振り50族抜き

 

 崩し枠として優秀なポケモン。始めはタスキ剣舞ゴリランダーを使用していたが、サンダーに大きく隙を見せるので、ブリザポスに変更した。

Sをここまで振ったのは、当初無振りカバルドン抜きにしようとしていたが、カバルドンは素早さの調整先とされていると思ったので、それを抜けるラインを探してみると、50族にラッキーがいたのでそこまで振った。

実際にラッキーの上から動けたので調整はあっていたと思う。

トリルがなくても、抜き性能はとても高く何度も3タテした。

耐久にほとんど振っていないが、思ってた以上に硬かった。

ただ、サイクルにはあまり参加できないので、扱いが難しかった。

 

 【選出】

 基本的にサンダー+2と投げていました。

受け回しはエースバーン+ブリザポス+1としていました。

 

【きついポケモン

・タスキ悪ウーラオス

 サンダー、ギャラドスでも後出しが効かない。ダイマしないと1体は持ってかれる。

・竜舞バンギラス

岩技の一貫がすごいため安易に後出しができない。エースバーンが抜かれるとほぼ負け。2000チャレンジで3タテされた。

・レジエレキ

 地面がいないため簡単に電気の一貫で負ける。バンギでも受からない。

・ヌオー

 ドヒドラキムドーはエースバーンで崩せるが、ヌオーがいると突破できない。

交換読みでヌオーに回復させないように立ち回るしかない。

・蜻蛉ボルチェン+ウオノラゴン

ウオノラゴンにギャラドスが何度も後出しできない。強引に自分の有利対面を作り、相手のサイクルを破壊する。

【最後に】

 まずは目標としていたレート2000を達成することができたのでとても嬉しいです。

次はレート2100、最終二桁を目標にやりたいと思います。

 あとTwitterをやっていなかったのですが、これを機に始めたいと思います。

理由は一人でポケモン考えるのに限界を感じるので、色々な人の意見を聞いてみたいと思うからです。

 

Twitter(@potato_poke27 

 閲覧ありがとうございました。

 f:id:POTATO0000:20201201185618j:plain